HOME > ぼでぃ屋ハンドブック > ボディの種類 > ボディのかたちと種類

ぼでぃ屋ハンドブック

えらぶ。

  • ボディの種類
  • サイズの選び方
  • 違いがわかる
  • キイヤのボディ
  • ぼでぃ屋百科事典

つかう。

  • ボディの取扱い説明書
  • お役立ち情報
  • ドレーピングをする
  • フィッティングをする
  • ボディのある仕事場風景

ぼでぃ屋インフォメーション

  • キイヤからお知らせ
  • セミナーリポート
  • セミナーリポート2

お買い物ガイド

  • ご利用案内
  • お買い物の手順

会社案内

  • 会社概要
  • 2018年3月ミシン・裁断
  • 2017年4月 営業
  • FAQ よくある質問
  • プライバシーポリシー
  • 特定商取引法について
  • 個人情報保護方針
  • blank

ドレスフォーム

ドレスフォームはゆるみ量の入っている工業用ボディ。

キイヤには3種類のドレスフォームを用意しています。キプリスは作業性を重視して効率よくパターンメーキングを進められるシンプルな美しいフォルム。
モデリアはアンダーバストのバーチスラインもきれいに形成されており、身体のラインに密着して着用するアイテム用。エデュはジャスト22歳の人のフォルムから作ったドレーピング学習用のドレスフォーム。ピンをさしやすい発泡樹脂製。

ヌードフォーム

ヌードフォームまたはヌードボディという言葉は意外と日本国内だけで使われる言葉のようです。海外のボディは基本的にゆるみ無しのヌード。

日本の女の人が身に纏う洋服ならモデリア。女の人の年代を5つに分けてそれぞれの年代の特徴を表しています。
エデュは学習用のヌードボディ。プロフェッショナルを目指す学生さんのために作りました。

セミヌード

セミヌードとはヌードフォームとドレスフォームの中間よりややヌード寄りのボディフォーム。
ニューキプリス・セミヌードはキプリスの基本形からゆるみ量を半分にして表現の自由度を高めたボディ。

セミクチュール・マドモアゼルセミクチュール・マダムは、キイヤの隠れたベストセラー。マドモアゼルはかわいく若々しい立ち姿。マダムは気品ある凛々しいサイドシルエット。

フルレングス

フルレングスは文字通り、首から下全体のボディ。
現在3型のフルレングスフォームをご用意しています。
ニューキプリスA体型レギュラーフルレングスミセスフルレングスモデリアヌードフォーム・ミリュ38フルレングス
フルレングスはオールインワンなどのドレーピングにも適していますが、サイズ感やバランスをチェックして、ニュアンスを共有するのにも最適なボディフォームです。

トールサイズ

キプリス9ATは身長160〜175cmに対応した工業用ボディ。160-165165-170170-175の3型をご用意しています。
170-175は、ファッションモデル用のサイズ構成です。

プチサイズ

ニューキプリス プチサイズはJIS規格の体型区分における、A体型の身長設定150cm<PETITプチサイズ>の20代〜30代向けボディフォーム。身長が低くてもA体型のバランスを美しく表しています。

クロッチド

クロッチドはcrotch=股を意味する言葉です。
そういうわけで股付のボディ・フォームを称して使っています。ヌードフォームではモデリア・ミリュ・38クロッチド
ドレスフォームでは、キプリス9ARクロッチド、同じくキプリス15BRクロッチドをご用意しています。

クロッチドボディはWL上は普通のトルソ、WL下はパンツボディをジョイントさせて作ります。
また、吊り下げ式のスタンドがセットされているのでトワルの扱いやフィッティングの際にとても便利です。

マタニティ

向かって右側は、アームフォールの腕マンの付け外しが可能です。デラックスタイプのスタンドにセットしていますので大きなボディの移動がたやすくできます。L、M、2サイズがあります。

左側はクチュール用のマタニティボディ。肩万無し。スタンドベースは移動用のキャスターが付いていません。ナチュラルな張生地で妊娠中のからだの変化を適切にあらわしています。

パンツ

写真向かって右側の片脚パンタロンは、パリのクチュール業界で使われていた形が日本に上陸したものです。

ニューキプリスレギュラーパンツボディミセスパンツボディは、股上が深い(26.5cm)ドレスパンツ製作に最適です。
モデリアヌードフォーム・ミリュ38には年代別に5タイプのパンツボディをそろえています。平均的なサイズよりは少し細めのフォルムを表していますのでフィッティングに便利に使えます。

ハーフスケール または 1/2縮寸ボディ

ハーフスケールは、キプリス9ARレギュラーサイズをほぼ1/2に縮寸したものです。
1/2縮寸ボディ、または、ハーフスケールなどのミニボディフォームはおもに、学校でお使いいただいております。

小さなボディでトワルを組みながら、洋服の構造や仕組みを勉強したり、大作に取り掛かる前にエスキースで試作を作って確認したりする場合にとても便利にお使いいただけます。

このページのトップへ