HOME > ぼでぃ屋ハンドブック > お役立ち情報 > 長腕の使い方

ぼでぃ屋ハンドブック

えらぶ。

  • ボディの種類
  • サイズの選び方
  • 違いがわかる
  • キイヤのボディ
  • ぼでぃ屋百科事典

つかう。

  • ボディの取扱い説明書
  • お役立ち情報
  • ドレーピングをする
  • フィッティングをする
  • ボディのある仕事場風景

ぼでぃ屋インフォメーション

  • キイヤからお知らせ
  • セミナーリポート
  • セミナーリポート2

お買い物ガイド

  • ご利用案内
  • お買い物の手順

会社案内

  • 会社概要
  • 2018年3月ミシン・裁断
  • 2017年4月 営業
  • FAQ よくある質問
  • プライバシーポリシー
  • 特定商取引法について
  • 個人情報保護方針
  • blank

手順1:三角巾付長腕の使い方

クチュール用のボディには←写真のような長腕をオプションでお付けすることができます。

腕の振りはナチュラルな一般的な振りになっています。
腕の中に芯は入っていません。二枚剥ぎになっています。

腕の長さは肩先から垂直の距離で54cmです。
腕の太さは上腕の太いところで22cmあります。太さに関しては一本一本ハンドメイドで綿をつめますので若干±10mm位の個体差がありますのでご了承ください。

手順2:三角巾付長腕の使い方

腕には写真のように三角巾が付いています。

手順3:三角巾付長腕の使い方

くちばしのように付いている三角巾型の天竺の生地の内側に、白布のテープが縫い付けてあります。  

手順4:三角巾付長腕の使い方

内側の白布テープを肩先にシルクピンで留めつけていきます。

このときに袖の振りを確認しながら作業をしてください。

手順5:三角巾付長腕の使い方

腕をボディに固定しました。

手順6:三角巾付長腕の使い方

外側の三角巾をピン止めした腕の外側に留めつけます。

手順7:三角巾付長腕の使い方

取り付け完了です。

手順8:三角巾付長腕の使い方

サイドから腕の振りをチェックして取り付け完了です。

このページのトップへ