HOME > ぼでぃ屋ハンドブック > ドレーピングをする > レッツスタートドレーピング

ぼでぃ屋ハンドブック

えらぶ。

  • ボディの種類
  • サイズの選び方
  • 違いがわかる
  • キイヤのボディ
  • ぼでぃ屋百科事典

つかう。

  • ボディの取扱い説明書
  • お役立ち情報
  • ドレーピングをする
  • フィッティングをする
  • ボディのある仕事場風景

ぼでぃ屋インフォメーション

  • キイヤからお知らせ
  • セミナーリポート
  • セミナーリポート2

お買い物ガイド

  • ご利用案内
  • お買い物の手順

会社案内

  • 会社概要
  • 2018年3月ミシン・裁断
  • 2017年4月 営業
  • FAQ よくある質問
  • プライバシーポリシー
  • 特定商取引法について
  • 個人情報保護方針
  • blank

上の写真の女の子たちがやっているのは、自分のクリエーションをドレーピングで実現すること。紙に描くのではなくて、実際に生地を裁断しながらデザインしています。
これを「立体裁断」ともいいます。
衣服を作り上げるための一つのプロセスですが、衣服の種類によってはドレーピングのやり方や、考え方、ドレーピング後の処理の仕方も異なってきます。

今回、スターターキットをお勧めするのは、デザイン画を描くのは苦手なんだけど、服を作ってみたいな♪ とか、製図とかは習った事もないしわからない世界なんだけど、服作りはすごく興味がある ♪ とか、そんなお客様たち。
初めの一歩を踏み出すために、このキットをおつかいください。

ご購入はこちらからどうぞ ←
 

     

    
はさみカバー  1個

リストバンド型 ピンクッション 1個

ライン入りトワル 2m
※トワルは、折りたたんでお届けいたしますので、使うときはアイロンなどで地の目をととのえてからお使いください。

シルクピン 0.5弌10g 1箱

布製巾着袋 1 枚


ご購入はこちらからどうぞ 

はさみカバー

はさみの先端が生地や他の道具を傷つけないように、使い終わったらカバーに入れると安心ですね

リストバンドタイプ・ピンクッション

キイヤ製のハンドメイドのピンクッションですドレーピングとシルクピンは切っても切れない間柄ですね

シルクピン
0.5mmのシルクピンが10g入っています。
このシルクピン、海外のお客様にはとても評判のよいピンです。細いのに丈夫でさびにくくて、使いやすいようです。

ライン入りトワル
ビギナーのお客様のために、ライン入りのトワルを2mご用意いたしました。トワルは、生地の地の目をアイロンなどで整えてから使いましょう

このページのトップへ