HOME > ぼでぃ屋ハンドブック > ぼでぃ屋百科事典 > kanoco かのこ

ぼでぃ屋ハンドブック

えらぶ。

  • ボディの種類
  • サイズの選び方
  • 違いがわかる
  • キイヤのボディ
  • ぼでぃ屋百科事典

つかう。

  • ボディの取扱い説明書
  • お役立ち情報
  • ドレーピングをする
  • フィッティングをする
  • ボディのある仕事場風景

ぼでぃ屋インフォメーション

  • セミナーリポート
  • セミナーリポート2
  • キイヤからお知らせ

お買い物ガイド

  • ご利用案内
  • お買い物の手順

会社案内

  • 会社概要
  • 2014年9月ミシン・裁断
  • 2017年4月 営業
  • FAQ よくある質問
  • プライバシーポリシー
  • 特定商取引法について
  • 個人情報保護方針
  • blank


【1】 現代の65歳〜79歳の人体3次元形状計測から開発した、ヌードボディ

【2】 体型計測の方法
・被験者年齢  65歳〜79歳日本人女性
・計測時着用条件  ブラジャーとショーツの上にソフトガードル着用
・使用計測機器  浜松ホトニクス株式会社製3次元計測機、シルエッター計測機、マルチン式計測器
・計測人数 2010年〜2015年 156名(形状データ134名)

【3】文化・服装形態機能研究所の分析によって、134名の形状データから62体が選出され、年齢の体型特徴を顕著に表しているサンプルデータ23体に絞られました。
そこから導かれた平均形状を基に、ドレーピングの作業性や、型紙の作りやすさ、かのこを使って創り出される服のファッション性等を考慮し、裁断用ボディのフォルムが導き出されました。


2017年には団塊世代が70歳になります。
気持ちは若くても体型は間違いなく変化している現実があります。心と体の相違、その変化を正しく捉え、シニア世代に向けたおしゃれな服作りが期待できるボディを目標に開発いたしました。

文化・服装形態機能研究所の伊藤由美子教授が、2010年に着手されたシニア女性体型の研究は、3次元計測を含む数種類の計測によって、2015年に3次元データから平均形状が導き出されました。その研究の成果をシニア用の服作りに役立てるために、裁断用ボディの製作が企画され、原型製作の作業とボディ製作をキイヤが担当しました。
2015年の秋から原型製作に取り掛かり2016 年7月、kanoco torso form [かのこトルソーフォーム]kanoco pants form [かのこパンツフォーム]が完成しました。


かのこトルソーフォーム KBF-KNC-T はこちらからお買い求めになれます

かのこパンツフォーム KBF-KNC-P はこちらからお買い求めになれます

このページのトップへ