※ 新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、現在ボディセミナーは休止しています。本年中にオンラインセミナーを開催する方向で計画を進めています。

開催情報をお受け取りになりたい方は workshop@kiiya.co.jp へ『お名前』と『メールアドレス』をお知らせください。

 

ぼでぃ屋ワークショップ 基本の「キ」

講師 黒部 裕子 先生

モデリア・ヌードフォームを使ってのセミナーを2011年からスタートしました。ボディの特徴、使い方、選び方を分かり易く説明し、「基本のキ」を理解して見えてくる服のシルエットの美しさ、ボディ上でトワルを確認するときの見方をドレーピングをしながらお話していただいています。ボディを使って、ご自分用にカスタムして使いやすい道具にするために、補正の仕方を説明するセミナーはとても好評を得ています。また、春と秋のコレクションを切り口に、日本のファッション市場に求められるトレンドを、パターンナーさんの目線で読み解くセミナーも好評です。企業で服を作る人たちの間でボディを介してよいコミュニケーションが生まれ、よい商品ができるように、現場で鍛えられた経験を惜しみなく伝授していただけるセミナーです。

最近で開催されたセミナーのご紹介
2020年1月   第19回 今感たっぷりなノーカラージャケットのドレーピング
2019年10月 第18回  『旬』な袖付きワンピースをドレーピングする
2019年7月   第17回 テーパードパンツのドレーピング パンツの基本形①
2019年2月      第16回 ドロップショルダーの総まとめ Aラインワンピースのドレーピング

 

Future Draping Seminar <フューチャー・ドレーピングセミナー>
未来をデザインするドレーピング

講師 近藤 保 先生

Future Draping ― 未来のための新しいボディの使い方 ―
皆さんは10年後のファッションを想像できますか?多くの人がこの問いにおそらく「そんなものわかるわけない」と答えるでしょう。たしかにそのとおりだと思います。では「あなたは10年後もファッションの仕事をしていたいですか?」の質問に皆さんはどうお答えになりますか?私の答えは「spur」です。私たちの開発したボディは間違いなく今後10年、20年と皆さんと、そして今後も永遠に膨れ上がり続けるファッション市場とともに生き続けるでしょう。そして皆さんのお仕事をサポートしていきます。シュプール開発開始当初から言い続けてきたコンセプト、それは10年後に決して古くならないスタイルを作ること。日々移り変わり、そのスピードはどんどんと加速していくファッションの変化。その変化に対応しながら皆様のサポートを続ける新しい裁断ボディ「spur-J(仮称)」を今回のセミナーでぜひ実際のドレーピングを通じて感じ取っていただければ幸いです。

spur J<シュプールJ>を使って行われるセミナーは、下記の7回シリーズで開催しています。予告なくタイトルが変わることがあります。
第1回タイトVSオーバーサイズ ヌードボディで作る2種類のシルエット ジージャン編
第2回ヌードボディで作るオーバーサイズシルエット コート編
第3回 ツイストドレーピングで作るランヴァンのドレス
第4回 ラフ・シモンズのバージャケット
第5回 ヴィオネの幾何学ドレス
第6回 パンツドレーピング ベーシック、タイトシルエット、ストレッチ素材
第7回 パンツドレーピング ワイドシルエット、ツイスト、デザインドレーピング